• トップ /
  • 妊娠初期の検査について

妊娠初期の検査について

妊娠初期の検査について

正常に妊娠してるかの重要な検査

生理が来なくなったから・検査薬で陽性反応が出たからと妊娠に気づいたら、病院に行ってください。本当に妊娠しているのかどうかを調べると共に、母子共に異常がないかを調べるための大事な検査なので必ず行うようにしましょう。初期の検査で妊娠が確定すると母子手帳が交付されます。母子手帳の中には初期の血液検査などの補助券も入っています。その他、梅毒や風疹などの感染症を調べたり、赤ちゃんと妊婦さんで血液型の不適合がないかを調べたり、血液や血糖・子宮頸がんなど初期での調べる項目はとにかく多いです。もしも何らかの異常が見つかればすぐに治療を開始し、安全に出産できるようにするのです。もしも問題がなければ何も言われないという場合がほとんどです。最初の健診は健康保険が適用されないため1万円前後のお金を持っていった方がよいでしょう。お金がかかるからとこれを放棄すると、後から重篤な病気が見つかって高額の治療費がかかってこないとも限りません。自身のためにも、おなかにいる赤ちゃんのためにも、すべての定められた検査を受けるようにしてください。病院に行く際には、脱ぎ着しやすく診察がやりやすいスカートなどの服装がおすすめです。

バックナンバー

↑PAGE TOP