• トップ /
  • 妊娠初期にかかる費用とは

妊娠初期にかかる費用面

妊娠初期にかかる費用とは

妊娠初期で病院に必要な額は

検査薬で反応が出た、身体に変化が出てきた、など「妊娠したかも」と思った時には病院を受診することになると思います。妊娠初期ではどのくらい病院費用がかかるのでしょうか。まず、基本的に妊娠にかかる費用は検査や検診、出産に至るまで全額自己負担となります。保険が使えないのでかなり大きい額になってしまうのですが、そこは国や自治体で助成してくれる制度が存在しますので、あまり心配する必要はありません。国や自治体で助成してくれるのは、主に出産費用と検診の費用になりますが、検診の費用助成券は回数や上限額が限られていることが多いです。そして検診に使える助成券は胎嚢が見え、赤ちゃんの心拍が確認された後、母子手帳と共に渡されることがほとんどです。つまり、妊娠がわかるかわからないかの初期ではこの助成券は使用することができません。助成券なしで受診した場合、だいたいの目安としては5000円から高くて2万円程度と考えられます。これは個人病院や市民病院、総合病院とでは料金が異なってくることと、妊娠初期に必要な検査を初回でするかどうかによって変わってくるということがあるので、金額に開きがあります。心配な方は一度問い合わせをしてから受診すると安心です。

バックナンバー

↑PAGE TOP